チッチの推薦図書

076-You Are the Universe(Release 1997/Playingtime 4'11)

076-.jpg

―ブラン・ニュー・ヘヴィーズ(Brand New Heavies 1985-現在)ー

 

 【Brand New Heavies】は音楽活動35年を誇るアシッド・ジャズ界の大御所です。 普段アシッド・ジャズに馴染みのない人でも聞きやすいものとして、今回は【You Are the Universe】を選曲しました。ほかにチッチが好きなのは【Never Stop】【Dream On Dreamer】【Day By Day】【Sometimes】といったところですかね。当たり前といえば当たり前ですが、こういうバンドはホントベースがしっかりしてますなあ (´-ω-`)

 

2020年:春のお薦めの1曲 No.16

 掲載日:2020年4月18日

077-Intruders(Release 2020/Playingtime 3'05)

077-Intruders(Release 2020/Playingtime 3

―ジェシー・レイエズ(Jessie Reyes 2014-現在)ー

 

 ここ数年、音楽シーンで話題沸騰中だったジェシーがついにデビュー・アルバムを出しました。題名は【Before Love Came To Kill Us】で、今回はこのアルバムから【Intruders】を選曲。エネルギッシュで独特な歌い回しで、自身の経験や思いのたけを解き放つその率直さが世界中の若い人の共感を得ています。【Love in the Dark】は世界中で1500万以上の視聴数を記録。ほか【Roof】【Figures】【I Do】なども良いですよ。

 

 

2020年:春のお薦めの1曲 No.17

掲載日:2020年4月22日

078-All Along……(Release 1968/Playingtime 4'00)

078-All Along the Watchtower.jpg

―ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix 1942-70)ー

 

 ジミヘンといえば【Little Wing】や【Purple Heze】が有名だとは思いますが、チッチが好きなのはこのAll Along the Watchtowerです。もともとはフォーク・シンガーのボブ・ディランが作った曲ですが、ジミヘンがカバーして注目を集めました。ディランもこのカバーを大変気に入っており、「この曲の権利の半分くらいはヘンドリックスのものだね」と絶賛しています。 とにかく、圧巻のギター・プレイです (≧▽≦)

 

2020年:春のお薦めの1曲 No.18

掲載日:2020年4月25日

079-A Dreams's A Dream(Release 1990/Playingtime 5'38)

079-A Dreams

―ソウル・トゥ・ソウル(Soul Ⅱ Soul 1988-97)ー

 

 【Soul Ⅱ Soul】はアシッドジャズの隆盛と同時期、1988~1992年にかけて人気を博したグループです。とにかく大人気だったそうです。このグループのサウンドは【グラウンド・ビート】と呼ばれ、簡単にいえばブティッシュ・ソウルを基軸にハウス、ヒップホップ、レゲエなどの要素を加えたものです。大ヒット曲のKeep On Movin'Back To Lifeもいいですが、チッチ的にはソウル色の強いこの【A Dreams's A Dream】が1番好きです。

 

2020年:春のお薦めの1曲 No.19

掲載日:2020年4月30日

080-The Harder They Come(Release 1972/Playingtime 3'05)

080-The Harder They Come.jpg

―ジミー・クリフ(Jimmy Cliff 1962-現在)ー

 

 ジミー・クリフはレゲエ歌手ですが、レゲエというジャンルが確立する以前から音楽活動を開始していたこともあり、初期はスカやR&B調の曲もたくさんあります。音楽の幅が広く、声は非常に高音で、陽気な顔つきとは裏腹に意外と堅実に歌い上げます。この曲のほかチッチが好きなのは【I Can See Clearly Now】【Many Rivers To Cross】【Love Comes】【You Can Get It If You Really Want】といったところです。

 

2020年:春のお薦めの1曲 No.20

掲載日:2020年5月2日