チッチの推薦図書

056-It Was You(Release 2018/Playingtime 5'32)

056-.jpg

―ノラ・ジョーンズ(Norah Jones 2001-現在)ー

 

 ノラ・ジョーンズはデビュー・アルバムの【Come Away With Me】と、このアルバムに収録されているDon't Know Whyでグラミー賞を6部門も受賞し、この年のグラミー賞の話題を独占しました。ノラのベースはジャズですが、そこにソウル、カントリー、フォーク、ポップなどさまざまな音楽の要素を取り入れており、ノラの音楽ジャンルを特定するのは難しいです。ノラはノラといった感じですね。

 

2020年:冬のお薦めの1曲 No.16

掲載日:2020年2月10日

057-Ner Romantics(Release 2014/Playingtime 3'50)

057-Ner Romantics(Release 2014/Playingtime 3

―テイラー・スウィフト(Taylor Swift 2006-現在)ー

 

 テイラースウィフトでチッチがお気に入りなのは【A Place in This World】とか【22】とかなんですが、今回は【テラスハウス】の〈ハワイ篇〉と〈東京篇〉のオープニング曲に使用された【New Romantics】を選んでみました。ヒット曲を量産し、ファン層が広いのが特徴ですね。デビュー当初はカントリー・シンガーとして売り出していましたが、今やすっかりポップ・スターですな。ミュージック・ビデオはマドンナのように迫力があります。

 

2020年:冬のお薦めの1曲 No.17

掲載日:2020年2月12日

058-Da Ya Think I'm Sexy?(Release 1978/Playingtime 5'28)

058-.jpg

―ロッド・スチュワート(Sir Roderick David "Rod" Stewart 1963-現在)ー

 

 Sailingや【Baby Jean】も大好きなんですが、「インフルエンザをぶっ飛ばせ!」ということでこちらの曲にしました。ロッド・スチュワートはデビュー当初からロック・シンガーとして活動していましたが、この曲で急に当時流行していたディスコ・ミュージックを取り入れたため、発表直後はロック関係者から「ロックを裏切った」と非難されたようです。それにしても、ロッドのハスキー・ボイスは独特で、セクシーですね (*´ω`)

 

2020年:冬のお薦めの1曲 No.18

掲載日:2020年2月13日

059-Natural Woman(Release 1971/Playingtime 3'49)

059-Natural Woman.jpg

―キャロル・キング(Carole King 1958-現在)ー

 

 もともとは、以前紹介したアリーサ・フランクリンのためにキャロルが提供した曲でしたが、後に彼女の2ndアルバム【tapestryにてセルフカバー収録されています。このアルバムはアメリカで15週連続1位をはじき出し、その後6年に渡ってチャートインしていたとんでもないヒット・アルバムです。笑顔がすてきな女性ですね。You've Got a FriendLocomotionは1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

2020年:冬のお薦めの1曲 No.19

掲載日:2020年2月18日 

060-'Round Midnight(Release 1944/Playingtime 6'39)

060-

―セロニアス・モンク(Thelonious Sphere Monk 1917-82)ー

 

 何を隠そう、チッチはジャズ・ミュージシャンの中でセロニアス・モンクが1番好きです。モンクといえばこの'Round Midnightですが、チッチが大好きなのは1957年に発表されたThelonious Himself】に収録されているピアノ独奏バージョンです。チッチはこの曲を聞いてから「ジャズっていいなあ」と思い、ジャズが好きになりました。曲を聞いていただければ分かると思いますが、天才鬼才の調べです (。-`ω-)

 

2020年:冬のお薦めの1曲 No.20

掲載日:2020年2月21日