チッチの推薦図書

071-Take Cover(Release 1996/Playingtime 4'38)

071-Take Cover.jpg

―ミスター・ビッグ(Mr. Big 1988-2002, 2009-現在)ー

 

 奇をてらったところがない、本当にオーソドックスなロック・ミュージックです。ボーカルのエリック・マーティンの声がハスキーがかっていて、キャッチーな曲にも力強さがもたらされています。今回の【Take Cover】のように、エリックの声とサウンドがぴたっとはまった時の疾走感は、オアシスやエアロスミスをしのぎます。ほかチッチのお気に入りはTearsUndertow】【Big Love】といったところです。

 

2020年:春のお薦めの1曲 No.11

掲載日:2020年3月27日

072-Cruel(Release 2011/Playingtime 3'34)

072-.jpg

―セイント・ヴィンセント(St. Vincent 2003-現在)ー

 

 セイント・ヴィンセントは、今まで紹介してきたマドンナ、テイラー・スウィフト、ビリー・アイリッシュ、ノラ・ジョーンズなどを足したようなスタイルで、しかし独特の雰囲気を醸しだしています。通常のポップ・サウンドから抜け出ており、玄人受けするミュージシャンです。彼女はウェールズの詩人ディラン・トマスの大ファンで、彼が亡くなった場所である【Saint Vincent Catholic Medical Center】から名前を取ったそうです。チッチもディラン・トマス大好きです。

 

2020年:春のお薦めの1曲 No.12

掲載日:2020年4月3日

073-Revival(Release 2020/Playingtime 3'23)

073-Revival(Release 2011/Playingtime 3

―グレゴリー・ポーター(Gregory Porter 1998-現在)ー

 

 過去に2度のグラミー賞を受賞し、今世界で最も売れているジャズ・シンガーの最新曲です。ソウルフルかつクリーミーなバリトン・ボイスで、どんな曲もしっとりと歌い上げます。トレードマークは耳と顎を覆う布を組み込んだ不思議な帽子で、また、いつもベストにジャケットのアメトラ姿で決めています。ほか【Holding On】や【Real Good Handsお薦め。3rdアルバムの【Liqud spirit】は、ジャズではめずらしくイギリスで10万枚以上の売り上げを記録しています。

 

2020年:春のお薦めの1曲 No.13

掲載日:2020年4月7日

074-Apparently Nothin'(Release 1991/Playingtime 5'22)

074-.jpg

―ヤング・ディサイプルズ(Young Disciples 1990-92)ー

 

 このグループは1つのアルバムしか残していませんが、この唯一のアルバムRoad to Freedomは、【アシッド・ジャズ acid jazz】のスタイルを大きく決定づけた作品として高く評価されています。70年代のジャズにファンク、ソウル、ラップなどの要素を取りこみ、生演奏とサンプリングをうまく組み合わせた、音楽の幅の広いアルバムです。今回の【Apparently Nothin'】はアルバムの2曲目に収録されています。

 

2020年:春のお薦めの1曲 No.14

掲載日:2020年4月10日

075-Writing's on the Wall(Release 2015/Playingtime 4'38)

075-.jpg

―サム・スミス(Sam Smith 2010-現在)ー

 

 2015年の映画【007 スペクター】の主題歌です。 ハイトーン・ボイスに、透き通るファルセット、何というか音に自身の感覚を表現してゆくのがとてもうまく、最初から最後までグルーブ感が途切れません。細かく抑揚を付けられ、声を張り上げたり裏返さなくとも、曲がドラマティックになるのは見事としかいいようがありません。それに比べて、サビだけしか迫力がない男性シンガーって多いですよね。ただきれいだけではなく、伸びがあり、太さもある歌声です。

 

2020年:春のお薦めの1曲 No.15

掲載日:2020年4月16日