チッチの推薦図書

111-We Are All Cowards Now(Release 2020/Playingtime 3'40)

111-We Are All Cowards Now.jpg

―エルヴィス・コステロ(Elvis Costello 1977-現在)ー

 

 エルヴィス・コステロは以前ご紹介したジャズシンガーのダイアナ・クラールの夫です。今回の曲は、今年の10月30日にリリースされるニューアルバム【Hey Clockface 】からの先行リリースです。この間ラジオから流れてきて気に入ったので紹介することにしました。当初はビートルズの影響を受けたロックサウンドでしたが、2000年代に入ってからはジャズやカントリーなどの要素を取り入れた味のあるサウンドを構築しています。渋くてカッコいいだわさ (´-ω-`)

 

2020年:秋のお薦めの1曲 No.1

掲載日:2020年9月15日

112-Neon Lights(Release 1978/Playingtime 9'03)

112-.jpg

―クラフトワーク(Kraftwerk 1970-現在)ー

 

 クラフトワークはドイツの電子音楽グループで、テクノポップを開拓した先駆者です。クラフトワークは英語読みで、本来のドイツ語発音だとクラフトヴェルクになります。現在、創立時のメンバーはグループリーダー(リードボーカル兼キーボード)のラルフ・ヒュッター1人のみです。美術のアールデコやバウハウスのように、機械と非人間的イメージが彼らの主要コンセプトです。非人間的イメージを描くことによって、むしろ人間とは何かを考えさせる逆転的表現です。

 

2020年:秋のお薦めの1曲 No.2

掲載日:2020年9月18日