チッチの推薦図書

156-モロッコのスルタン(1845年制作)

156-モロッコのスルタン.jpg

―ウジェーヌ・ドラクロワ( Eugène Delacroix 1798-1863)ー 

 

 19世紀フランスのロマン主義の最大の画家といえば、このドラクロワです。アングルの新古典主義に対抗し、現実の社会風景や事件を画題とすることにも積極的に取り組み、華麗なる色彩を追求しました。モロッコの風土を描いた絵は、アングルにも影響を与え、アングルは晩年に『トルコ風呂』を残しています。細部にこだわらず、全体の色彩の効果で勝負するタイプだったため、筆さばきはタッタカタッタカとかなりの速さだったそうです。

 

2021年:夏のお薦めの1枚 No.1

掲載日:2021年6月4日

157-エプソムの競馬(1821年制作)

157-エプソムの競馬.jpg

―テオドール・ジェリコー( Théodore Géricault 1791-1824)ー 

 

 19世紀のフランスで、現実に起きた事件を題材に絵を描き始めたのがこのジェリコーです。フランスロマン主義絵画の先駆者で、このジェリコーの態度がドラクロワに影響を与え、また写実主義のクールベを生みだします。ジェリコー自体は32歳の若さで亡くなり画業も短いですが、フランス絵画史においては、宗教・神話画の旧時代から写実主義の新時代へ橋渡しした重要人物です。ジェリコーの馬の絵はドガも参考にしています。

 

2021年:夏のお薦めの1枚 No.2

掲載日:2021年6月9日

158-河 岸(1864年制作)

158-河岸.jpg

―テレマコ・シリョリーニ( Teelemaco Signorini 1835-1901)ー 

 

 シリョリーニは19世紀のイタリアで生まれたマッキア派を代表する画家です。マッキア派はフランスのバルビゾンや外光派の影響を受けて、イタリアのアカデミックな絵画からの脱却を目指したグループです。イタリア絵画に屋外の明るい光と色彩をもたらし、都市生活のみならず郊外や農村にまで画題を求めたのも、マッキア派の功績です。このシリョリーニはクールベの写実主義の影響を受け、イタリアでいち早く労働者の姿を描きました。

 

2021年:夏のお薦めの1枚 No.3

掲載日:2021年6月17日