チッチの推薦図書

016-サキ短篇集

016-サキ短篇集.JPG

―サキ 著/中村能三 訳:新潮社 新潮文庫ー

  

 O・ヘンリーの名前を知っていても、サキを知らない人は多いのではないでしょうか。しかし、サキはO・ヘンリーと並ぶ短篇の名手であり、欧米ではO・ヘンリーとともに親しまれている作家です。E・V・ルーカスというエッセイストが「宿泊客の枕もとに、O・ヘンリーかサキ、あるいはその両方をおいていなければ、女主人として完璧とはいえない」という言葉を残しています。

 

 とにかく、 サキの作品はあっと驚く意外な結末ばかりです。しかもその結末はえてして残酷非情で、ブラックユーモアが効いたものばかりです。サキは華美な修飾を用いず、簡潔な文体でもって人間の運命の厳しさを淡々と描きます。ちなみに、この短篇集に収録されている作品の中で、チッチが1番気にいっているのは【おせっかい】です。ぜひともご覧になってみて下さいね。

 

チッチが初めて読んだ日……2004年6月(チッチ23歳)

 掲載日:2019年9月6日

017-カフカ短篇集

017-カフカ短篇集.JPG

―フランツ・カフカ 著/池内紀 訳:岩波書店 岩波文庫ー 

 

 村上春樹さんの【海辺のカフカ】の【カフカ】はこの【フランツ・カフカ】です。不思議な作風で知られ、村上春樹さんだけではく、世界中のさまざまな作家に影響を与えた小説家です。カフカの作品は不安と不条理に満ちあふれていますが、ユーモラスに描かれているため、残酷という感じがしません。残酷なものを残酷に描かないところにかえって残酷さを感じます

 

 カフカといえば【変身】【訴訟(審判)】【城】などが代表作ですが、まずは短篇小説から楽しんではいかがでしょうか。短篇集といってもショート・ショートも多いですし、難語や凝った表現もないので、気軽に読めるかと思います。チッチが好きなのは【掟の門】【流刑地にて】【こま】【橋】といったところです。

 

チッチが初めて読んだ日……2003年1月(チッチ22歳)

掲載日:2019年9月11日 

018-モデラート・カンタービレ

018-モデラート・カンタービレ.JPG

―マルグリット・デュラス 著/田中倫郎 訳:河出書房新社 河出文庫ー 

  

 デュラスは1992年に公開された英仏合作の映画【ラマン(愛人)】の原作者で有名です。さて、そのデュラスが創作したこの小説ですが、「アルベール・カミュの【異邦人】やモーリス・ブランショの【死の宣告】とともに、小説のジャンルに新しい生命を吹きこんだ」と評価されるほどの名作です。非常に薄い小説なので、楽に読めますよ。

 

 どういうところが新しいかというと、この小説には内面描写がほとんどなく、ほぼほぼ会話文と外面描写で構成されているんですね。主人公は裕福な家庭の主婦です。彼女は真綿で首を締められるように、日常の倦怠による責め苦を受けています。そう、何も起きない平凡な日常というのも地獄となるのです。ぜひとも女性に読んでいただきたい1冊です。

  

チッチが初めて読んだ日……2017年9月(チッチ37歳)

 掲載日:2019年9月13日 

019-日々の泡

019-日々の泡.JPG

―ボリス・ヴィアン 著/曾根元吉 訳:新潮社 新潮文庫ー 

 

 この小説は「20世紀の恋愛小説中もっとも悲痛な小説」と評されたボリス・ヴィアンの最高傑作です。チッチが読んだのは新潮文庫版ですが、ハヤカワepi文庫と光文社古典新訳文庫からも出ており、この2つの方は題名が【うたかたの日々】となっています。言葉遊びが山盛りで、また、現実ではありえない道具や光景に満ち溢れており、まるで【不思議な国のアリス】みたいな小説です。

 

 少々長めの小説ですが、1章1章は短く、映画のように場面がぱっぱと変わってゆくスタイルなので、本を読み慣れていない方でも、それほど苦にはならないと思います。ヴィアンのような小説を書く若い作家が、日本に現れてほしいですね。個人的には、ハヤカワepi文庫から出ている【心臓抜き】もお薦めです。

  

チッチが初めて読んだ日……2006年5月(チッチ25歳)

掲載日:2019年9月20日

020-三角みづ紀 詩集

020-三角みづ紀詩集.JPG

―三角みづ紀 著:思潮社 現代詩文庫206ー 

 

  たまには詩でもどうでしょうか。で、お薦めするのは三角みづ紀さんで、チッチが日本の現代詩人の中で1番好きな詩人です。チッチは彼女のデビュー詩集【オウバアキル】と、その次の第2詩集の【カナシヤル】を買って読んでいます。チッチはとにかくこの2冊が好きで、この本にはこの2冊の詩篇が全て収録されています。

 

 彼女は難しい言葉を使わず、本当に個人の生活と感覚から詩の世界を打ち立てる詩人です。にもかかわらず、ファンタジーのような不思議な迫力があり、知的観念を駆使しなくても、ここまでできるものなのか、と感心してしまいます。偏見ですが、日本の詩は女性詩人の方が圧倒的におもしろいですよ。その中でも三角みづ紀さんは断トツのクイーンです。

 

 チッチが初めて読んだ日……2017年3月(チッチ36歳)

掲載日:2019年10月9日

1