チッチの推薦図書

002-マインドフルネスストレス低減法

002-マインドフルネスストレス低減法.jpg

 ―ジョン・カバット・ジン 著/春木豊 訳:北大路書房ー

  

 今、世界各国でマインドフルネス・エクササイズが急速に広まっていますが、そのマインドフルネスの基礎プログラムを最初に考案したのが、この書物の著書であるカバット・ジン博士です。マインドフルネスに関する書籍がたくさん出版されていますが、この書物こそあらゆるマインドフルネス書籍の原点であり、ボディースキャンもここから端を発します。

 

 チッチはこの本を読んでから、マインドフルネス瞑想を始めました。マインドフルネス瞑想を通してリラックスするとはどういうことかを初めて知り、以前とは比べものにならないほど物事を柔軟に捉えられるようになりました。また、集中力も向上しました。今やマインドフルネス瞑想は名立たる経営者やトップアスリートが実践していますし、ぜひとも1度お試しを。

   

チッチが初めて読んだ日…2014年8月(チッチ33歳)

掲載日:2019年7月3日

006-フォーカシング

006-フォーカシング.JPG

 ―ユージン・T・ジェンドリン 著/村山正治ほか訳:福村出版ー

 

 フォーカシングとは簡単にいえば、何かの気がかりなことにまつわる【感じ】に注意を向け、その感じにぴったりと当てはまる【言葉】を探すことです。感覚にまさにぴったりの言葉を探し当てると、ただそれだけのことなのに、不快で冷たい感じが穏やかな温かい感じに変わります。チッチはフォーカシングをすることによって、自分の気持ちを知ることができるようになりました。

 

 チッチはこの本を読みながら独学でフォーカシングに励みましたが、できれば専門家の指導の下で行って下さい。最初から1人で行うことはなかなか難しく、慣れないうちは専門家の指示と助言が必要です。自分の言葉で自分の感覚と向き合うことによって、本当に自分に必要なものは何か、ということが徐々に分かってきます。これこそが、真の意味での自己成長ではないでしょうか。 

 

チッチが初めて読んだ日……2010年4月(チッチ29歳)

掲載日:2019年7月29日

009-魂の殺人―親は子どもに何をしたか

009-魂の殺人.JPG

―アリス・ミラー 著/山下公子 訳:新曜社ー

 

 アリス・ミラーは幼児虐待の研究の草分け的存在で、世界的に名高い心理学者です。今でこそ、【子供時代の親からの暴力が、子供の精神を歪め、子供を反社会的な性格を持つ大人にさせる】ことが世界的常識となっていますが、これは彼女の尽力のおかげです。【アダルト・チルドレン】や【インナー・チャイルド】理論も、彼女の功績なくしては生まれなかったでしょう。

 

 哲学者ヤスパースの下で学位を取得した影響からか、アリス・ミラーは心理学者らしからぬ重厚で説得力のある筆致であり、彼女の書物がベストセラーかつロングセラーになるのも頷けます。この『魂の殺人』は、チッチが最も衝撃を受けた書物の1冊です。この本を読んでから、チッチは人間の精神病理に興味を持つようになりました。彼女の全著作の中でも最も重要な書物です。

 

チッチが初めて読んだ日……2007年9月(チッチ27歳)

掲載日:2019年8月5日

012-プロカウンセラーの共感の技術

012-プロカウンセラーの共感の技術.JPG

―杉原保史 著:創元社ー

 

 もしあなたが今「自分は面倒見が良い方だと思うんだが、なぜか部下がついてこない」と悩んでいるならば、それはあなたの話し方に問題があるのかもしれません。部下が話しだすやいなやすぐに部下の意見を否定し、そして「だからだめなんだよ」と説教節になっていませんか? どんな面倒見が良くても、人の話を最後まで聞けない者には、人はついてこません。

 

 人と話す時に上下関係でしか話せない人間は、この本を読んで【その人の思いを受け止めるように話を聞くこと】【価値判断抜きの態度】を学ぶ必要があります。自分の意見は脇に置き、相手の話にじっくりと耳を傾けるーーそう簡単にできることではありませんが、5分間でも実践することができたならば、相手から今までと違った反応が得られると思います。 

 

チッチが初めて読んだ日……2019年4月(チッチ38歳)

掲載日:2019年8月23日

014-パーフェクト臨床実習ガイド 精神看護 第2版

014-精神看護.JPG

―萱間真美 編集:照林社ー

 

 認知症の義父の対応に当たり、【精神看護】という観点からは認知症者の介護をどのように捉えているのか知りたくて、この本を買いました。事実、興奮しやすく攻撃性が激しい認知症者は、介護施設では受け入れてもらえず、精神科病院に入院することとなります。認知症だけでも介護は大変ですが、もともとパーソナリティー障害を持っている者が認知症に罹るとさらに大変です。

 

 この本は精神医療に携わる看護士はもちろんのこと、カウンセラーや作業療法士の卵さんたちの参考になること間違いないです。チッチはこの本を読んでから【チーム医療】【インフォームドコンセント】【エンパワメント】など、精神医療における重要概念を知りました。精神看護は本当に大変な仕事であり、日夜奮闘している看護士さんには深く頭が下がる思いです。

 

チッチが初めて読んだ日……2019年3月(チッチ38歳)

掲載日:2019年8月30日

1